CSR

corporate social responsibility

文化

タカシマヤ文化基金

有能な作家の発掘・支援と豊かな芸術文化の創造を目指して、新鋭作家個人及び美術文化の発展に寄与した団体への助成を趣旨とした「公益信託タカシマヤ文化基金」を1990年に設立。毎年作家個人へは「タカシマヤ美術賞」として200万円、団体へは200万円を上限として贈呈されます。

第27回は、大巻伸嗣(現代美術)、留守玲(金工)、和田的(陶芸)の3名が受賞、団体助成については岐阜県美術館、兵庫県立美術館、横浜トリエンナーレ組織委員会の3団体が選ばれました。

  • 第27回贈呈式(写真右から)大巻伸嗣氏、留守玲氏、和田的氏、木本社長 第27回贈呈式
    (写真右から)大巻伸嗣氏、留守玲氏、和田的氏、木本社長
  • 大巻伸嗣氏 「重力と恩寵/Gravity and Grace 2016」撮影:Ito Tetsuo 2016Aichi Triennale Organizing Committee 大巻伸嗣氏
    「重力と恩寵/
    Gravity and Grace 2016」
    撮影:Ito Tetsuo
    2016Aichi Triennale Organizing
    Committee
  • 留守玲氏 「蒼のあいづち2016」 留守玲氏
    「蒼のあいづち2016」
  • 和田的氏 「白器「とり」2016」 和田的氏
    「白器「とり」2016」
運営委員(敬称略)
酒井 忠康(運営委員長)世田谷美術館館長
澄川 喜一 日本芸術院会員
草薙 奈津子 平塚市美術館館長
金子 賢治 茨城県現代陶芸美術館館長
建畠 晢 多摩美術大学学長、埼玉県立近代美術館館長
岡部 あおみ 美術評論家

CLOSE

close