CSR

corporate social responsibility

環境

環境活動

食品ロス削減への取組み

2017年6月の環境月間から、高島屋グループの従業員食堂において、農林水産省の推進する「食品ロス削減国民運動(NO-FOODLOSSプロジェクト)」を従業員食堂事業を展開するグループ会社のアール・ティー・コーポレーションとともにスタートさせました。
農林水産省のシンボルマーク「ろすのん」の啓発ツールを食堂の卓上に掲出し、国内外の食品ロスの啓発活動と、食品廃棄物における食品残渣(食べ残し)を減少させるという2つの側面からの活動を行っています。

  • イメージ画像
  • イメージ画像

南会津地方の植樹活動支援

南会津工房「き」南会津工房「き」

親子のコミュニケーションツールとして木製の積木が見直されるなか、ブナ材などから作られたオリジナル木製玩具「南会津工房『き』」を、2000年より高島屋各店で販売しています。

安全で自然のぬくもりや優しさを伝える良質な素材を、継続的に供給できるよう、売上金の一部を、南会津地方緑化推進委員会に寄付しています。

2016年度分として、117千円を寄付しました

店舗におけるインプット、アウトプットフロー

店舗から発生するさまざまな環境影響による環境負荷数値をご報告いたします。

店舗におけるインプット、アウトプットフロー

サプライチェーン全体の温室効果ガス排出量算定

温室効果ガス排出量について、従来から算定していた「スコープ1」(ガスの燃焼などによる企業からの直接排出量)、「スコープ2」(電力の使用などによる企業からの間接排出量)に加え、2014年度から「スコープ3」(企業の上流・下流を含めたサプライチェーン全体の排出量)を算定しております。
今後は算定データの精度向上、およびデータ分析による排出量削減に向けた取り組みに努めてまいります。

Scope1・2・3のバウンダリイメージ
サプライチェーン全体の温室効果ガス排出量(t-CO2)

CLOSE

close