CSR

corporate social responsibility

お客様の安全安心

品質管理

品質管理グループ

「お客様に信頼される安全・安心な商品の販売」に向け、東西に専任スタッフや検査機器を配備した品質管理グループを設置しています。品質管理グループでは「情報発信」「指導啓発」「検査・調査」「品質管理」「危機管理対応」などの機能を発揮するべく、百貨店として多品種の商品に対応するために、高島屋グループの自主基準(安全・機能・適正表示)を整備するとともに、お客様からのお問合せに科学的な根拠をもって的確にお答えすることができるよう関連部署への指導助言を行うなど、商品関連事故の「予防・再発防止」の徹底に取り組んでいます。

品質管理グループによる集合教育品質管理グループによる集合教育

品質管理自主基準

高島屋で取り扱う商品の品質・取り扱い基準、表示事項などの詳細を定めたものが「品質管理規則」です。国の定める法規制に「上質な商品・サービスの提供」を掲げる高島屋の自主基準をプラスし、現場で働く従業員がより理解しやすいよう具体的な内容にとりまとめています。特に社会の関心が高い適正表示に関しては、「高島屋表示管理基準」を作成し、「高島屋品質管理基準」とあわせて「品質管理規則」として商品カテゴリーごとに冊子にまとめ、管理監督者ならびにお取引先に配布しています。さらに、お取引先には「お取引先説明会」開催等を通じて、適正表示について理解と協力を求めており、全社で定期的に実施している「表示を見よう!キャンペーン」などと併せ、適正表示の徹底に取り組んでいます。

  • 品質管理規則品質管理規則
  • お取引先説明会お取引先説明会
  • 品質管理規則品質管理規則
  • お取引先説明会お取引先説明会

社内検査体制

高島屋グループでは、新しいお取引先との取引をする際には、事前に製造プロセスのチェックや安全性及び表示内容の確認を行い、確実な商品の販売に向けた、指導助言を行っています。

また、検査には商品を壊さずに迅速な検査が可能なスクリーニング機器(蛍光X線分析装置)やマイクロスコープなどを活用し、正確な検査を行い、わかりやすい検査結果報告書を作成するなど、商品の安全性や品質の確保に努めています。

蛍光X線分析装置蛍光X線分析装置

社外とのネットワーク

安全・安心な商品を提供するために、社外の方々とのつながりを大切にしています。百貨店協会各社はもちろん、チェーンストア協会各社の品質管理室との品質情報や対応事例の共有化を図り、事故の未然防止に努めています。また、消費者の信頼向上へ取り組む「農水省フードコミュニケーションプロジェクト」にも参画。さらに適正表示と衛生管理の推進に向け、社外より専門知識を有する方々を食品衛生担当として迎え、全店に配置してチェック体制を強化しています。

食品衛生担当食品衛生担当

CLOSE

close