CSR

corporate social responsibility

お客様の安全安心

店舗環境・サービス

ハートフルな施設環境

高島屋では、身体障がいや年齢などに関係なく、どなたでもお買い物を楽しんでいただけるよう、快適な施設の環境整備に取り組んでいます。新宿高島屋は、ハートビル法(※)の東京都認定第1号店舗として、(1)出入口、通路 (2)階段 (3)エレベーター (4)トイレ (5)駐車場等、バリアフリーに対応した施設となっています。

※ハートビル法(正式名称:「高齢者、身体障害者等が円滑に利用できる特定建築物の建築の促進に関する法律」。この法律は、2006年に「高齢者、障害者等の円滑化の促進に関する法律(バリアフリー新法)」に移行されています。

  • 多機能トイレ多機能トイレ
  • 優先エレベーター優先エレベーター

ハートフルサービス

高島屋では、車椅子やベビーカー、サポートカーの貸出、手話ができる販売員の育成配置、筆談ボードによるご案内(特定のカウンター)、盲導犬・介助犬・聴導犬同伴によるご来店応対等、どなたでもお買い物を楽しんでいただけるサービスの充実に取り組んでいます。

また、ご高齢のお客様や障がいのあるお客様に対して、十分な知識を持ち、適切な応対が可能となるよう、NPO法人日本ケアフィットサービス協会の「サービス介助士2級」の資格取得を進めています。

  • サービス介助士バッジサービス介助士バッジ
  • 手話バッジ手話バッジ
  • サービス介助士バッジサービス介助士バッジ
  • 手話バッジ手話バッジ

迷子シールの導入

お子様の洋服に貼れる迷子シール「Takashimaya HELLOシール」を2008年春より全店で導入しています。万一、お子様が迷子になられた際には、シールに記載された番号によって保護者の方の携帯電話番号に直に連絡することができ、従来の店内放送よりも迅速かつ確実な対応を目指します。シールは各店インフォメーションカウンターで配布しています。

Takashimaya HELLO シールTakashimaya HELLO シール

CLOSE

close