本文へジャンプ

新宿タカシマヤ

  • 各階トピックス
  • 催しのご案内
  • ブランド検索
  • フロアガイド
  • サービスのご案内
  • 地図・駐車場

WOMAN

催し会場 スケジュール

  • ※最終日は午後4時閉場。

現代アート書道の世界

  • ■2月15日(水)→27日(月)
  • ■10階 美術画廊
    ※最終日は午後4時閉場。

「書」をアートの観点から捉えた企画展。
井上有一氏がサンパウロビエンナーレに出展してから60年。
その作品は死後もなお「書」という枠をも飛び越え、様々な分野で人々を魅了し続けています。
一方、アートの世界でも現在は作品の素材やアプローチなど表現方法も多岐に渡り、ジャンルレスの状態の中、現代の「書」も、美術館をはじめ海外など様々な場所で評されることも多くなってきました。
今展は4人の若い現代の書家にスポットを当て、アートの切り口から構成した展示となっております。
渾身作の数々をどうぞお楽しみくださいますようご案内申しあげます。

山本尚志「マシーン」

公開制作&インタビュー「現代アートとしての書を語る」
■2月26日(日)午後3時~4時
公開制作および話し手=山本尚志、聞き手=宮村弦
どなたでもご観覧いただけます。

現代アート書道の世界

時松はるなの七十二候

  • 季節の小さな兆しを、人気作家 時松はるなさんの絵と共に、新宿高島屋からのメッセージとして発信していきます。

※七十二候とは、気象の動きや動植物の変化を知らせるものです。
太陽が移動する天球上の道「黄道」を24等分したものを二十四節気、さらに分割してできたものを七十二候といい、気候の変化や動植物の様子を短い文で表現します。

時松はるなの七十二候のページへ>>

時松はるなの七十二候

ギャラリーZ「ART of ULTRAMAN 」

  • ■3月1日(水) 午前10時まで
  • ■タカシマヤオンラインストア

新宿高島屋美術画廊が選んだ若手アーティストとわれらがヒーロー ウルトラマンと大々的にコラボレーションした作品の数々をご紹介します。
今回制作されたアーティストたちは、生まれたときからウルトラマンを身近に感じている世代です。彼らが表現するウルトラマンのかたちは様々でとても楽しい世界観をもっています。
いまや日本の文化といっても過言ではないウルトラマンの世界をアートの側面から掘り下げた1点物の数々をどうぞ、この機会に。



ギャラリーZ「ART of ULTRAMAN 」

※品数に限りがございますので、売切れの節はご容赦ください。
※価格は消費税を含む総額にて表示しております。
※タイトル・会期内容等一部変更となる場合がございます。

新宿タカシマヤ shinjuku

営業時間

平日・日曜日:
午前10時~午後8時
金・土曜日:
午前10時~午後8時30分

※連日休まず営業いたします。

所在地・電話番号

〒151-8580
東京都渋谷区千駄ヶ谷5丁目24番2号
TEL(03) 5361-1111

地図・駐車場