• 入場料〈税込〉 一般800円、大学・高校生600円、中学生以下無料
  • 入場料割引券はこちら クリックまたは2次元コードの読み取りで、100円引きの割引券としてご利用いただけます。
  • 3月29日(水)→4月10日(月) 大阪高島屋 7階グランドホール
  • 4月12日(水)→23日(日) 京都高島屋 7階グランドホール
  • 4月26日(水)→5月8日(月) 横浜高島屋ギャラリー〈8階〉

※会期・会場・営業時間等変更になる場合があります。

日本の少女マンガ史上に燦然と輝く不朽の名作「ベルサイユのばら」。本年、作者の池田理代子さんが作家生活50周年を迎えます。これを記念し、世代を超えて読み継がれる代表作「ベルばら」をはじめ、初期の社会派作品から「女帝エカテリーナ」などの歴史ロマン、音楽への思いあふれる「オルフェウスの窓」、そして40年ぶりの復活が話題を呼んだ「ベルばら」の新作「エピソード編」まで、初公開を含む貴重な原画や資料200点以上を通して、半世紀にわたる華やかな創作の軌跡をたどります。

池田理代子(いけだ・りよこ)劇画家、声楽家。1947年12月18日、大阪生まれ。東京教育大学(現・筑波大学)在学中の1967年にデビューし、1972年から集英社「週刊マーガレット」で「ベルサイユのばら」を連載。1980年に「オルフェウスの窓」で日本漫画家協会優秀賞受賞。1995年に47歳で東京音楽大学声楽科に入学し、卒業後はソプラノ歌手として舞台に立ち、オペラの演出も手がける。2009年、フランス政府からレジオン・ドヌール勲章(シュバリエ)が授与された。

華麗なる「ベルサイユのばら」革命期のフランスを舞台に、王妃マリー・アントワネットや男装の麗人オスカル・フランソワらの運命を描いて大ヒット作となった「ベルばら」。名場面の原画をえりすぐり、宝塚歌劇の歴代公演の写真や華やかな衣装もあわせて展示します。

魅惑の池田理代子ワールド 時を経ても今なお輝き続ける傑作の数々…。美しい原画であの頃の感動がよみがえります。

紅茶専門店TEAPONDとのコラボ商品など、展覧会オリジナルグッズも取り揃えます。

高島屋 展覧会一覧