本文へジャンプ

日本橋タカシマヤ

  • ウイークリーニュース
  • 催し案内・美術画廊
  • ブランド検索
  • フロアガイド
  • サービスのご案内
  • 地図・駐車場

6階 美術画廊 / 2階 アートアベニュー

8階 催会場 スケジュール

高島屋の美術

  • ■6階 美術画廊

「美」との出会いを提供して1世紀。暮らしに「アート」をお届けします。

新宿店・横浜店・大阪店・京都店の展覧会スケジュールはこちら>>>
※PC・タブレット・スマートフォンでご覧いただけます。

〈2階 アートアベニュー〉久米 圭子展

  • ■4月12日(水)→6月6日(火)
  • ■2階 アートアベニュー   
    ※最終日は午後5時閉場。

2011年金沢美術工芸大学大学院工芸専攻修了。2014年金沢卯辰山工芸工房修了。
スモーキーな色目で着彩された細やかで繊細な彫金作品は、置いてあるだけで雰囲気を醸し出す作品です。

お問い合わせ:6階美術画廊 直通TEL (03)3246-4310

〈2階 アートアベニュー〉久米 圭子展

高島屋美術部創設110年記念
森野 彰人 ー豊饒な文様

  • ■4月12日(水)→5月1日(月)
  • ■6階 美術画廊 X 

森野彰人は「やきもの」における「かたち」と「装飾」の関連性を追求し作品を制作している作家です。デビューした90年代に、空間を装飾するというコンセプトによる壁面への大型造形作品〈W.O.O.〉シリーズを発表し、一躍注目を集めます。以降も装飾や文様の意味を問いながら、器胎に透かしを施した〈雪華蓉〉シリーズを発表するなど更なる評価を高め、2011年に「第22回タカシマヤ美術賞」を受賞いたしました。
「やきもの」の根源的な意味や歴史的な背景に拘る森野は、文様や装飾にある重要な意味を紐解きながら、日常生活における融合を見出そうと試み続けます。「やきものは生活の中にあるもの。」それは京焼の地に生まれ育ち、祖父と父を陶芸家にもつ森野ならではの独自の感覚といえるのではないでしょうか。
今展では吉祥文を施した近年の代表作〈蓉〉をはじめ、無数の釉薬の滴を文様として施した〈容〉シリーズの新境地の作品まで新作を一堂に展観いたします。
生活空間を華やかに装飾する森野彰人の「豊饒な文様」をご高覧ください。

お問い合わせ:6階美術画廊 直通TEL (03)3246-4310

森野 彰人 ー豊饒な文様

渡辺 国夫展

  • ■4月19日(水)→ 5月2日(火)
  • ■6階 美術工芸サロン  
    ※最終日は午後4時閉場。

1967年富士吉田市生まれ。東京藝術大学大学院修了。山中湖村在住、日本工芸会正会員。白磁に幾何学文様を主体とした色絵を施した作品で人気を博す若手作家。文様に細かな擦り傷をつけて作品に味わい深い趣を醸し出すなど、従来の色絵技法にとどまらない新たな試みに挑んでいる。また、色絵に留まらず、造形面でも様々な工夫を凝らし、文様と造形の融合を追及している。工芸会支部展奨励賞、中日賞など受賞歴多数。

お問い合わせ:6階美術画廊 直通TEL (03)3246-4310

渡辺 国夫展

彫刻//新時代 シリーズ2 vol.Ⅳ 
浅野井 春奈展 -unconsciousness-

  • ■5月3日(水) → 22日(月)
  • ■6階 美術画廊 X 

深井隆先生プロデュースの「彫刻//新時代 シリーズⅡ」の第4弾企画。
1990年東京都生まれ。2014年東京藝術大学大学院美術研究科彫刻専攻修士課程修了。
作家初個展のなる今展は作家が想像する夢のシアターに登場する人物・動物など新作を一堂に展観。

※unconsciouness=無意識の意。 アンコンシャスネス

お問い合わせ:6階美術画廊 直通TEL (03)3246-4310

彫刻//新時代 シリーズ2 vol.Ⅳ <br />浅野井 春奈展 -unconsciousness-

ー野の粒たちー 田村 崇 彫刻展

  • ■5月3日(水) → 9日(火)
  • ■6階 美術工芸サロン
    ※最終日は午後4時閉場。

1979年栃木県佐野市に生まれ、2004年宇都宮大学教育学部を卒業。2007年東京藝術大学大学院美術研究科彫刻専攻終了後、個展・グループ展で作品を発表さています。今展では「野の粒たち」を副題として、先生が幼き頃より触れてきた、田圃の周囲にいる猫、蛙、金魚、鼠、などの生きるものを、木と陶を素材として、どこか可愛らしくもある生き物たちの凛とした作品約25点を展観いたします。

お問い合わせ:6階美術画廊 直通TEL (03)3246-4310

ー野の粒たちー 田村 崇 彫刻展

古稀記念 黒田 賢一 書作展

  • ■5月3日(水) →  9日(火)
  • ■6階 美術画廊
    ※最終日は午後4時閉場。

黒田賢一先生は、1947年姫路市に生まれ、西谷卯木氏に師事。21歳にして日展初入選、1986年、1990年と2回にわたり日展特選を受賞。2011年には日本藝術院賞を受賞し、現在は、髙島屋にて毎年開催される現代書道二十人展のメンバーとしても活躍されております。
線状の力強さや墨色のやわらかさを加味しつつ、相対する余白美を追求していく独自の美意識へと高めていくその基軸には、古典に立脚した現代の書を書くことに研鑽を重ね、新たな書の美を模索し理想の形を求める確かな姿勢があり、表現を崇高な空間の芸術へと昇華させています。
古稀記念となる今展は、最新作50余点で、現代の新たな書の美を切り開く黒田賢一の世界を展観いたします。

お問い合わせ:6階美術画廊 直通TEL (03)3246-4310

古稀記念 黒田 賢一 書作展

田島 周吾 日本画展

  • ■5月10日(水) →16日(火)
  • ■6階 美術画廊
    ※最終日は午後4時閉場。

田島先生は、1974年京都出身。京都造形大学在学中より数々の賞を受賞。近年では2014年に第2回郷さくら美術館桜花賞展 大賞を受賞。個展やグループ展などで精力的に発表を続ける一方、文芸春秋の目次絵を担当するなど発表以外でも活動の場を広げております。
今展では、日本の古典技法で描かれる精密で鮮やかな景色を、物語を紡ぐように描く8mを超える大作から、花瓶柄に架空の商店を描き、季節の花々をあしらったユーモアを交えた小品まで、思わず笑みのこぼれる摩訶不思議な田島周吾の世界観を余すことなく展観いたします。

お問い合わせ:6階美術画廊 直通TEL (03)3246-4310

田島 周吾 日本画展

高島屋美術部創設110年記念 藤田 潤 ガラス新作展 ‐光の彩(いろ)‐

  • ■5月10日(水) → 16日(火)
  • ■6階 美術画廊
    ※最終日は午後4時閉場。

藤田先生は1951年東京都に生まれ、学習院大学文学部哲学科卒業後、文化勲章受章者で世界的ガラス作家の父・藤田喬平先生の指導のもとガラス工芸の道に進まれました。現在はヴェネツィアと日本に制作の拠点をおき、精力的に制作を続けておられます。
吹きガラスならではの制作スタイルの中で理想のフォルム・色彩を追い求める藤田先生。卓越した技と想像力によって生み出された作品からは藤田ガラスの様式美と潤先生独自の世界観が感じられ、内側に湛える色彩を周囲へと発散し、凛とした存在感を放っています。
今展では、代表作である花器やオブジェなどを中心に、箔を用いた日本の伝統美を想起させる色彩の飾筥や、色ガラスの上に透明ガラスを重ね、ゆらぎや浮遊感を感じさせる筥のシリーズも発表いたします。

お問い合わせ:6階美術画廊 直通TEL (03)3246-4310

髙島屋美術部創設110年記念 藤田 潤 ガラス新作展 ‐光の彩(いろ)‐

ー生の在りか、生のかたちー 富田 憲二・山本 明良 彫刻二人展

  • ■5月10日(水) →16日(火)
  • ■6階 美術工芸サロン
    ※最終日は午後4時閉場。

山本先生は1946年山口県徳山市に、冨田先生は1947年島根県安来市に生まれました。両先生は1970年に金沢美術工芸大学彫刻科を卒業し、以来同じアトリエで野外彫刻・個展・グループ展などでお互いに切磋琢磨しながら制作をされています。今回で3回目となる二人の個展は、山本先生のおおらかでどっしりとた冬瓜のシリーズや石から新たな命が生まれる様な新しい造形の石彫作品、冨田先生はしなやかで粘り強いフォルムで素朴な手仕事の美ししさを石や木、金属に表現した作品を中心に約40点を展観いたします。

お問い合わせ:6階美術画廊 直通TEL (03)3246-4310

ー生の在りか、生のかたちー 富田 憲二・山本 明良 彫刻二人展

石黒 光二展

  • ■4月26日(水)→5月2日(火)
  • ■6階 美術画廊
    ※最終日は午後4時閉場。

石黒先生は1952年山形県酒田市に生まれ、多摩美術大学彫刻科卒業後、故 高橋剛の薫陶を受け日展を中心に発表を続けています。
その作風の基本は正確なデッサンに裏付けられた揺るぎない人体の描写にあります。躍動感溢れる肢体の動きには確固たる洞察があり、美を誠実に追求する頑固なまでの一途さが持味です。石黒芸術は、今世紀における正統派の存在価値を真摯に問いかけつづけています。前展より9年ぶりとなる今展では、創作上の信念の強さが高潔な輝きさえ与える新作ほか約20点を展開します。この機会にぜひご高覧賜りますようご案内申しあげます。

お問い合わせ:6階美術画廊 直通TEL (03)3246-4310

石黒 光二展

ー風のけしきー 北 久美子展

  • ■4月26日(水)→5月2日(火)
  • ■6階 美術画廊
    ※最終日は午後4時閉場。

北久美子先生は、1945年大阪府に生まれ、浪速短期大学(現在の大阪芸術大学短期大学部)を卒業後、二紀会・女流画家協会を中心に出品を重ねておられます。
文化庁買上げ、安井賞授賞、在外研修員としてヨーロッパで研修されるなど、四十代半ばで頭角を表されて来られました。
また、後進の指導にも邁進されておられました。
今展では、―風のけしき―と題し、1988年以降発表して来られた‶夢想の楽園″シリーズを中心に、ご発表いただきます。
澄みわたる青空、命を謳歌するように鮮やかな色彩の草花や鳥たち、とりわけ孔雀の艶やかな姿態、そして未知の奥行きを示す神秘的な水平線など、まさに美しすぎる風景画を一堂に展覧いたします。

【ギャラリートーク】
■4月29日(土・祝)午後3時から

お問い合わせ:6階美術画廊 直通TEL (03)3246-4310

ー風のけやきー 北 久美子展

佃 眞吾 木工芸展

  • ■5月17日(水) → 23日(火)
  • ■6階 美術工芸サロン
    ※最終日は午後4時閉場。

1967年滋賀県生まれ。京都にて黒田乾吉氏に刳物(くりもの=木を刃物などでえぐってくぼみをつけた容器などのこと)の指導を受けた後、京指物の会社で14年修行。京都右京区にて独立後、個展を中心に活動している。主に栗の木を用いて制作。特に民具のひとつである “我谷盆(わがたぼん)”を写した作品が、好評を博す。

お問い合わせ:6階美術画廊 直通TEL (03)3246-4310

佃 眞吾 木工芸展

廣瀬 義之 色絵楽しむ器展

  • ■5月17日(水) → 23日(火)
  • ■6階 美術画廊
    ※最終日は午後4時閉場。

1954年栃木県生まれ。1980年東京藝術大学工芸科卒業。人間国宝藤本能道氏の晩年の内弟子として、師の最も爛熟期に精神と技を学ばれ、師亡き後工房をそのまま借り受け制作される廣瀬先生。青梅の豊かな自然の草木を題材に、卓越した描写力と構成力で活き活きと描かれた色絵磁器が先生の代表的作風です。近年では作品の一部に陶彫(蛙や蟹)が加わり心和む作品にも取り組まれています。壺や花器・皿など約60点の出品。

お問い合わせ:6階美術画廊 直通TEL (03)3246-4310

廣瀬 義之 色絵展-楽しむ器-

高島屋美術部創設110年記念 ー光を視るー 黒光 茂明展

  • ■5月17日(水) → 23日(火)
  • ■6階 美術画廊
    ※最終日は午後4時閉場。

父、黒光茂樹とその師金島桂華の薫陶を受けた、日本画家 黒光茂明先生の四年ぶりの個展となります。四季折々の美しい自然を大胆な構成で表現。今展では、「光を視る」を副題とし、ひとつの画面に二つの季節を盛り込み、また福田平八郎の「さざなみ」を彷彿とさせる「水」に挑戦。水面に映る景色によって四季を感じさせる描写が新たな趣をみせる新作を展観いたします

お問い合わせ:6階美術画廊 直通TEL (03)3246-4310

高島屋美術部創設110年記念 ー光を視るー 黒光 茂明展

※品数に限りがございますので、売切れの節はご容赦ください。
※価格は消費税を含む総額にて表示しております。
※タイトル・会期内容等一部変更となる場合がございます。

日本橋タカシマヤ nihombashi

営業時間

午前10時30分~午後7時30分

※地下2階・8階レストラン街、8階特別食堂は午前11時から午後9時30分まで営業。

所在地・電話番号

〒103-8265
東京都中央区日本橋2丁目4番1号
TEL:(03)3211‐4111
※電話番号は市外局番を含めて、お間違えのないようおかけくださるようお願いいたします。

地図・駐車場 地図・駐車場